暗号資産の確定申告について

確定申告について

暗号資産の取引で得た利益は原則として、確定申告の上、納税していただく必要がございます。
ただし、給与所得者の方で給与所得及び退職所得以外の所得の合計が20万円以下の場合、確定申告をおこなう必要はございません(※1,2,3)。

上記に該当しない方(個人事業主等)で確定申告をする必要がある場合や、確定申告をする必要がなくとも、確定申告が必要な医療費控除等の申告を行う場合は、上記の20万円以下の確定申告不要制度の適用はありません。

なお、2020年分の確定申告の期間は、2月15日(月)~4月15日(木)です。
※申告期限が当初予定の3月15日(月)から4月15 日(木)まで延長されました。
詳しくはこちら

※1:給与所得者であっても、給与収入が2,000万円を超える場合など、確定申告をする必要がある方は対象外です。
詳細は以下のURLよりご確認ください。

・確定申告が必要な方(国税庁ホームページ)
詳細はこちら

※2:本確定申告不要制度は、所得税に適用される制度です。住民税にはこの制度がありませんので、ご留意ください。

※3:20万円の範囲は、「給与所得及び退職所得以外の所得」です。雑所得だけではありませんので、ご留意ください。

暗号資産の税制

暗号資産の取引で得た利益は、総合課税の雑所得として課税され、他の所得と合算して納税額を算出します。

所得金額の計算方法

所得金額の計算方法は以下、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(情報)」をご参照ください。

詳細はこちら

暗号資産の損益通算について

損益通算とは、赤字の所得を他の所得から差し引くことをいいます。
暗号資産の赤字を損益通算できるのは、「総合課税の雑所得」のみであり、他の所得との損益通算はできません。

また、FX等の「申告分離課税の雑所得」として取り扱われる所得については、同じ雑所得ではありますが、損益通算することはできません。

暗号資産取引に関する取引履歴等の確認方法

当社では、損益計算にご活用いただけるよう、以下の書面を電子交付しております。

No 書面名称 対象サービス ファイル形式
1 取引残高報告書(年次) 現物取引 PDF
3 年間損益報告書 証拠金取引 PDF
3 確定申告用CSV 現物取引 CSV
4 確定申告用CSV 証拠金取引 CSV

マイページにログインいただき、「現物取引 取引報告書の閲覧 確定申告CSVの作成」または「証拠金取引 取引報告書の閲覧 確定申告CSVの作成」項目をご選択いただき、「年次」または「確定申告用(CSV)」をご選択の上、「検索」を押下ください。

※電子交付のみとなります。恐れ入りますが、お客様ご自身でダウンロードの上、損益の確認や計算にお役立ていただきますようお願いいたします。

※当社が交付する取引履歴をもとに、お客様ご自身で損益計算を行っていただく必要がございます。

画像参照(アプリケーション)

操作案内
操作案内

画像参照(Webサイト)

操作案内
操作案内

その他、暗号資産の確定申告に関するよくある質問はこちら