暗号資産 (仮想通貨)とは

暗号資産 (以下、「仮想通貨」を指します)とはどのようなものなのでしょうか
仕組み・魅力・利用方法などを理解して、暗号資産取引を始めてみましょう

暗号資産とは何でしょうか?

「暗号資産(仮想通貨)」とは現物のない電子データ資産で、法定通貨のように国などの保証はありません。そのためすべての資産は主にブロックチェーン※という仕組みで管理されています。インターネット上での送金や決済に用いられ、世界中の取引所で法定通貨とまたは暗号資産同士の売買が行われています。

※「ブロックチェーン」とはいくつかの取引を1つのブロックにまとめて記録し、それを鎖のようにつないでいく技術です。すべての取引が公開されることで、不正取引を防止する仕組みとなっています。なお、取引の記録には改ざんできないよう高度な暗号化技術が用いられています。

暗号資産とは何でしょうか?

暗号資産の魅力は何でしょうか?

暗号資産の3つ魅力

1 個人間で直接送金することができる

一般的に日本円や外貨を送金する際には、銀行などの金融機関を介して送金する必要があります。
しかし、暗号資産では個人間でのやりとりが可能です。
直接会ってお金を支払うのと同じように、暗号資産を使えば直接相手に支払うことができるのです。

1 個人間で直接送金することができる

2 手数料が無料、または安い

銀行送金やクレジットカード支払いでは一定の手数料が存在します。そのため、少額の送金や売買においては不向きといえるでしょう。しかし、暗号資産は仲介する組織が存在せず、個人間でのやりとりが可能で、無料または低コストで送金や取引ができます。

2 手数料が無料、または安い

3 世界共通の単位

通常、日本円を海外で利用するには両替(例えば円から米ドル)が必要ですが、暗号資産は世界中で同一単位です。現在、暗号資産での支払いが可能なお店が増えています。世界中で利用できれば、暗号資産だけで旅をすることも可能になります。

3 世界共通の単位

暗号資産はどのように利用するのでしょうか?

世界で流通している暗号資産は、どのように利用されているのでしょか?
暗号資産は電子データ資産なので、インターネット上で送金・支払決済・投資に利用することができます。
法定通貨や他の暗号資産との価格変動を利用した投資取引も少額から可能です。

暗号資産取引所とは?

暗号資産取引所とは、暗号資産の売買や交換などの取引を行う場所です。
取引のために、日本円などの法定通貨の入出金や暗号資産の入出庫も行えます。
外国為替取引や株取引とは異なり、暗号資産取引は24時間365日いつでも可能です。
楽天ウォレットのサービス提供はは24時間365日(メンテナンス時間を除く)

楽天ウォレットで取り扱う暗号資産のご紹介

ビットコイン (Bitcoin:BTC)

ビットコイン (Bitcoin:BTC)

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトを名乗る人物が論文「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P電子通貨システム)」を発表し、それに基づき2009年にサトシ・ナカモトが実装したと見られるプログラムがインターネット上で配布され、運用され始めました。

時を経て、2010年5月22日に1万ビットコインと2枚のピザが交換されました。5月22日を初めてビットコインが取引されました日として、ビットコイン・ピザ・デーと呼ばれています。ビットコインは世界で最初の暗号資産で、暗号資産の代名詞とも言えます。

イーサリアム(Ethereum:ETH)

イーサリアム(Ethereum:ETH)

イーサリアムの構想は2013年にヴィタリック・ブテリンという人物によって考案され設計が始まり、2014年7月に販売が開始されました。

最大の特徴は、「スマートコントラクト」という機能にあります。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で取引と同時にプログラミングの実行(契約・締結など)を行うことができる仕組みで、内容の記録・自動実行が可能となります。

ブロックチェーン上に記録されることにより、契約の内容・実行において情報改ざんの不正防止になり、また仲介を要さない仕組みを構築することができ、決済までの時間短縮になります。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash:BCH)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash:BCH)

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインからハードフォークして誕生しました。

ビットコインの取引量が増加したためスケーラビリティ問題が生じて取引スピードが低下し、それを解決するためにビットコインの開発チームから独立したチームによって開発されたものです。スケーラビリティ問題の解決策として、ブロックサイズ(最大容量)を拡大するという方法を採用しました。