二要素認証

当社では、セキュリティ対策として二要素認証を導入しております。

二要素認証とは?

「二要素認証」とは認証のための三要素(知識・所有・生体)のうち、二要素を組み合わせて行う認証方法です。

認証のための3つの要素

知識
ユーザーの頭の中にある情報
  • パスワード
  • 暗証番号
  • パターン認証
  • 秘密の質問
所有
ユーザーが所有しているもの
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ICカード
生体
ユーザーの頭の中にある情報
  • 指紋
  • 虹彩
  • 静脈

セキュリティレベルを高め、ご本人様以外による不正利用を防ぐため、当社でのお取引開始前には二要素認証の設定が必須となります。

当社の現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」の二要素認証設定の方法としては、①「かんたんログイン」(推奨)と②認証システム(Google Authenticator等)の二種類の方法がございます。

なお、以下のサービスをご利用の際に二要素認証が必須となります。
・ログイン
・日本円の出金
・暗号資産の出庫
・楽天キャッシュチャージ

設定の手順

かんたんログイン」あるいは認証システム(Google Authenticator等)より二要素認証の方法を選択してください。

■かんたんログイン(推奨)

認証システムの確認コードの入力が不要となり、2回目以降のログインを早く快適にできるようになります。

「かんたんログイン」利用条件の確認はこちら >

「かんたんログイン」の設定方法はこちら >

■認証システム

「かんたんログイン」が利用できない方は認証システム(Google Authenticator等)を設定ください。

Google Authenticatorの設定方法はこちら >

iOS15以降での二要素認証設定方法はこちら >