受託暗号資産の流出等の対応方針

2020年5月1日施行
楽天ウォレット株式会社

当社は、本方針により、当社が営む暗号資産交換業に係る取引に関し、お客様から預託される暗号資産(以下、「受託暗号資産」という。)を適切に管理し、暗号資産の流出、消失又は不正利用等(以下、「流出等」という。)のリスクへの対応に関する事項を定め、お客様財産の保護及び暗号資産交換業に対するお客様からの信頼向上を図ってまいります。

1.秘密鍵の保管環境

当社では、お客様の暗号資産を移転するために必要な情報(秘密鍵)は、常時インターネットに接続していない電子機器に記録し、物理的に安全に保管することとしております。

2.暗号資産の保管方針

当社は、お客様保有分の全ての暗号資産(仮想通貨)をコールドウォレットで保管し、秘密鍵も複数の署名を必要とするマルチシグで管理しています。コールドウォレットや秘密鍵の管理に関しては、電子鍵運用のノウハウを持つセコムのグループ会社と提携して、安心・安全な取引環境の提供に努めております。

3.分別管理対象暗号資産の流出等のリスク低減するために講じる措置

当社では、マルチシグの利用や署名時の社内承認の権限を分離することなどの措置を行っております。

4.分別管理対象暗号資産の流出等を検知するための措置及び流出等を検知した場合の対応措置

当社は、当社管理の暗号資産アドレスの状態をリアルタイムにシステム監視しております。流出等が検知された場合には、サービスの提供を停止する措置を行い被害の拡大を防ぐこととします。

5.債務の履行に関する対応

当社では、お客様から預託を受けた暗号資産を安全に管理しておりますが、万が一、当該暗号資産の流出等が発生しお客様の暗号資産の返還ができなくなった場合における債務の履行については、下記の対応をすることとします。ただし、当社破綻時等においては、お客様に対する債務の履行ができない場合があります。

(1) 当該債務の履行方法

当社の当該債務の履行は、原則、流出発生日時におけるお客様の暗号資産の保有残高分を同種同量の暗号資産にて返還いたします。しかし、当社において当該暗号資産の調達ができないと判断した場合には、本邦通貨にて返還いたします。

(2) 当該債務の履行の時期

当社は、すべてのお客様からの返還請求を整理・確定でき次第、速やかに返還いたします。

(3) 当該債務の履行の方法が本邦通貨による場合には、弁済額の算定の基準日及び方法

当社は、当該債務の履行の方法が本邦通貨による場合、弁済額の算定は、流出の発生日時のお客様の暗号資産保有残高に同日時点の売値価格を乗じて得た額とし、お客様が当社に登録している銀行口座に振り込み返還いたします。また、すべてのお客様からの返還請求を確定・整理でき次第、速やかに返還いたします。



以上