債務履行方針

2020年12月23日制定
楽天ウォレット株式会社

当社は、暗号資産交換業者に関する内閣府令第23条第3項の規定に基づき、暗号資産を移転するために必要な情報の漏えい、滅失、毀損その他の事由に起因して、資金決済に関する法律第63条の11第2項の規定により、自己の暗号資産と分別して管理する利用者の暗号資産で、当該利用者に対して負担する暗号資産の管理に関する債務の全部を履行することができない場合における当該債務履行に関する方針について、以下のとおり定めます。

1.債務履行の方法
当社は、利用者の暗号資産をコールドウォレットで管理しておりますが、何らかの事由により利用者に対して負担する暗号資産の管理に関する債務の全部を履行することができなくなった場合、当該暗号資産と同種・同量の暗号資産を利用者に返還します。ただし、当社において、当該暗号資産と同種・同量の暗号資産による返還が困難であると判断した場合には、当該暗号資産の付与に代えて、又は暗号資産の付与とともに金銭による払戻しを行います。

2.債務履行の時期
債務履行については、当該事由が発生した後、適切なタイミングで、速やかに対応いたします。

3.債務履行の方法が金銭による場合の弁済額の算定の基準日及び方法
金銭による弁済の場合には、合理的かつ客観的に適切であると認められる方法を決定の上、各利用者について算定された金額を、あらかじめ指定された当該利用者の銀行口座に支払うものとします。

 

以上