お知らせ

XRP証拠金取引サービスの再開について(再開日時のご案内)

2021年09月08日(水)

平素は「楽天ウォレット」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2020年12月24日(水)よりサービスを停止しておりましたXRP証拠金取引サービスについて、流動性が確保でき、お客様への安定的な価格配信が可能であると判断したため、下記の日程にてサービスを再開させていただきます。

 

対象サービス XRPの証拠金取引

再開日時   2021年9月8日(水)18時頃予定

 

【XRPに係るリスクについて】
XRPを開発するリップル社は、2020年12月に米証券取引委員会(SEC)から連邦証券法違反で提訴され、現在も係争中です。今後も価格急落や流動性低下など様々な要因から影響を受け、価格の配信停止や取扱いを一時的に中止する可能性がございます。
お客様におかれましては、これらリスクに十分にご留意いただきますようお願いいたします。

【証拠金取引に係るリスクについてのご案内】
お客様に別途ご同意いただいている「暗号資産取引契約締結前交付書面(現物取引・証拠金取引)」にてご説明のとおり、暗号資産に関する法令等による規制その他の事情や、相場急変時、カバー取引先の状況に変更が生じたことにより、カバー取引先から有効な価格を安定的に受信できなくなった場合、カバー取引先からの配信価格が市場実勢を反映していないと当社が判断した場合などには、価格の配信停止や取扱暗号資産の取扱いを一時的に中止することがあります。
また、一時的に中止した後、中止が中長期にわたる、あるいは取扱い再開時の価格が中止前の価格から大幅に変動し、お客様が当社へ預入している証拠金(証拠金取引口座の残高)以上の損失が発生する可能性がある等と、当社が合理的に判断した場合(※)には、原則として予めお客様にお知らせしたうえで、お客様の建玉につき市場実勢価格にて反対売買し、ポジションを解消することがあります。
これにより、お客様に損失が発生することがあります。
上記のリスクについてご理解いただいたうえで、サービスをご利用頂けますようお願いいたします。

※当社の証拠金取引のレバレッジ比率は2倍のため、スプレッド等を考慮すると、例えば、預入証拠金の2倍の買い(ロング)ポジション(建玉)をお持ちの場合、建玉の平均価格から約50%以上、市場実勢価格が下落する可能性があると合理的に判断した場合


今後とも「楽天ウォレット」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。