お知らせ

未使用入庫用アドレス整理実施完了のお知らせ

2020年09月09日(水)

平素は「楽天ウォレット」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

(本お知らせに関する注意事項)

本お知らせに基づく対応により、お客様のお預かり資産(日本円、お取引に伴う暗号資産、ポイント交換により取得した暗号資産)への影響は一切ございません。また、暗号資産(仮想通貨)現物取引専用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレット」にて一度でも入庫処理を利用されたお客様には影響ございませんが、参考としてお読みください。

 

8月20日(木)にご案内させていただきました通り、8月26日(水)までに口座開設を完了されたお客様のうち、暗号資産の入庫機能(※)を一度もご利用されたことがないお客様について、以下の対応を実施いたしました。なお、お客様のお取引には影響ございません。

 

◆実施内容

  2020年9月9日(水)17時をもって旧入庫アドレスの整理(無効化)

 

◆お客様への影響

  ありません

・今後、入庫利用時は、現物取引用スマートフォンアプリ「楽天ウォレット」上から新規に入庫用アドレスが発行されます。ご利用方法については、よくあるお問合せQ3をご参照ください。

 

◆注意事項

本日9月9日(水)17時以降、整理済(無効化)の+入庫用アドレス+に暗号資産を外部から送付した場合、スマートフォンアプリ上に残高が反映されません。整理済(無効化)の入庫用アドレスへの暗号資産の送付はされませんようご注意ください。

万一、旧入庫用アドレスへ暗号資産を送付された場合は、2020年11月末日までに当社カスタマーサポートお問合せ窓口までご連絡ください。

 

※「入庫」とは当社以外で管理されている口座から送付された暗号資産(仮想通貨)を当社発行の入庫用アドレスが受け取ることを意味します。例えば、お客様が当社以外のウォレットアプリを保有されている場合、当社発行の入庫用アドレスに暗号資産を送付することができ、この受け取る操作を「入庫」と呼んでおります。

 

 

よくあるお問合せ:

 

Q1:入庫用アドレスとは何ですか?

A:外部サービスの暗号資産(仮想通貨)口座から楽天ウォレット口座に暗号資産(仮想通貨)を送金する際に使用する住所のようなものです。日本円の入金ではありません。

 

Q2:未使用入庫用アドレスとは何ですか?

A:入庫用アドレスは口座開設されたときに発行されます。その入庫用アドレスを口座開設以降、一度も使用していない(入庫していない)ものを指します。当社で取り扱っている3通貨のうち、いずれかの通貨を一度でも入庫したことがあれば無効化の対象ではありません。

 

Q3:無効化後に入庫用アドレスが必要になったらどうすればいいのですか?

A:本無効化作業後、「楽天ウォレット」アプリ(Version1.1.7)で、入庫用アドレスの発行が可能となります。

アドレス発行方法はこちらをご覧ください。

 

 

Q4:無効化された入庫用アドレスに入庫してしまった場合はどうなりますか?

A:無効化された入庫用アドレスに外部ウォレット等から暗号資産を入庫しても、「楽天ウォレット」アプリ上の残高及び入庫履歴には反映されませんので、ご注意ください。

 

今後とも「楽天ウォレット」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。