お知らせ

未使用入庫用アドレス整理実施のお知らせ(再掲)

2020年08月20日(木)

(本お知らせに関する注意事項)

本お知らせに基づく対応により、お客様のお預かり資産(日本円、お取引に伴う暗号資産、ポイント交換により取得した暗号資産)への影響は一切ございません。また、暗号資産(仮想通貨)現物取引専用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレット」にて一度も入庫※1を実施されたことがない(ご利用のない)お客様に関しましても、当社サービスご利用上の影響はございませんので、参考としてお読みください。

 

暗号資産(仮想通貨)現物取引専用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレット」上に表示されているビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)の入庫用アドレス※2につきまして、口座開設以降、一度も入庫のご利用がない場合、2020年9月9日(水)定期メンテナンス(14時 – 17時)内をもって整理(無効化)させていただきます。日程に変更が発生した場合は、改めてお知らせいたしますので、引き続き弊社からのお知らせにご留意ください。

 

※1「入庫」とは当社以外で管理されている口座から送付された暗号資産(仮想通貨)を当社発行の入庫用アドレスが受け取ることを意味します。例えば、お客様が当社以外のウォレットアプリを保有されている場合、当社発行の入庫用アドレスに暗号資産を送付することができ、この受け取る操作を「入庫」と呼んでおります。

 

※2「入庫用アドレス」とは、スマートフォンアプリ「楽天ウォレット」上にてご確認いただける暗号資産アドレスのことです。下記の機能紹介ページ内に記載の『主な機能「入庫」』をご覧ください。

 

スマートフォンアプリ「楽天ウォレット」機能紹介ページはこちら

 

 

よくあるお問い合わせ:

 

Q:入庫用アドレスとは何ですか?

A:外部サービスの暗号資産(仮想通貨)口座から楽天ウォレット口座に暗号資産(仮想通貨)を送金する際に使用する住所のようなものです。日本円の入金ではありません。

 

暗号資産アドレス例:

ビットコインアドレス1BitQEtcoxAnViwUYX9k6KupmsfEfWrGnr

ビットコインキャッシュアドレス bitcoincash:qp39mnuy7zkh9unyxsawmedz04ys3epudsytwqj2km

イーサリアムアドレス 0x60179da09E8bfDFb3032eE0aD6f35Eb3e9aa506B6

 

Q:未使用入庫用アドレスとは何ですか?

A:入庫用アドレスは口座開設されたときに発行されます。その入庫用アドレスを一度も使用していない(入庫していない)ものを指します。当社で取り扱っている3通貨のうち、いずれかの通貨を一度でも入庫したことがあれば無効化の対象ではありません。

 

Q:無効化後に入庫用アドレスが必要になったらどうすればいいのですか?

A:本無効化作業後、「楽天ウォレット」アプリで、入庫用アドレスの発行が可能となります。アドレス発行方法は下記のとおりです(注意:本機能については予告なく変更をする場合があります)。

 入庫用アドレス発行方法

アプリトップページ>暗号資産(BTC/ETH/BCH) のいずれかを選択肢ページ Aへ。入庫ボタンをクリックし、ページBへ行こうしたら「発行する」ボタンをクリックすると入庫用アドレスが発行されます。

 

Q:無効化された入庫用アドレスに入庫してしまった場合はどうなりますか?

A:無効化された入庫用アドレスに外部ウォレット等から暗号資産を入庫しても、「楽天ウォレット」アプリ上の残高及び入庫履歴には反映されませんので、ご注意ください。

 

引き続き、当社からのお知らせにご留意ください。なお、未使用入庫用アドレス無効化後も、暗号資産の売買及び出庫には一切影響ございません。

 

今後とも「楽天ウォレット」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。