1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察。

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察。

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察。

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察。

ポイント

昨日のBTC相場

・年初来安値更新、22,000ドル台へ

・金曜日の米CPIで市場は一転、NYダウは一時1000ドル安

・テラに続き、17%で資金調達していたセルシウスで取り付け騒ぎ

・BTC市場は1日15%下落した翌々日からBTC市場は反発する傾向、FOMCで50bp利上げなら反発もあるか

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は続落。

金曜日に30,000ドル(約400万円)近辺での三角持ち合いを下にブレークすると、日曜日に5月26日の安値28,000ドル(約375万円)を割り込み、月曜日には5月12日に付けた年初来安値25,000ドル(約335万円)を割り、22,000ドル(約300万円)台まで下落した。

金曜日の米CPIが予想に反しインフレの加速を示す内容だったことを受け、インフレピークアウト、ソフトランディングシナリオが崩れ、リスクオフが再燃する中、BTCは3万ドル近辺のもみ合い圏から下にブレークした。

週末は大型カンファレンスへの期待もあり下げ渋っていたが、目立ったヘッドラインが出ない中、日曜日に5月26日の安値28,000ドルを割り込み、いよいよ年初来安値25,000ドルが意識される展開となった。

月曜日のCMEオープンに向け一旦上昇したが、サポートだった28,000ドルがレジスタンスとなり跳ね返されると、日曜日の安値27,000ドルを割り込み下げ足が速まった。

更に、17%もの利回りを提供、一部に不安がささやかれていたレンディング・プラットフォーム・セルシウスが入出金を停止、同社のトークンCELが暴落すると、BTCも一時25,000ドルにワンタッチした。

一旦は値を戻すも、アジア株・欧州株とリスクオフ相場は続き、また米債市場で再び将来の不況を示唆する2年債と10年債利回りの逆転現象が発生、BTCも25,000ドルを割り込み安値余地を探る展開となった。

更に米株が大きく下げてオープン、保有BTCの含み損が懸念されるMicrostrategy株が前日比25%安で始まると、BTCは22,000ドル台まで値を下げた。

米株の下げ止まりもあり、BTCも一旦はこの水準で下げ渋っているが、予断を許さない展開が続いている。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は引き続き底値を探る展開を予想する。

米CPIを機に市場の雰囲気は一転、FRBがインフレ抑制と景気回復とを両立させるソフトランディングシナリオは後退、俄かにボルガ―元FRB議長の名前が取りざたされ始めた。

70年代の第一次オイルショックでは景気に配慮し利上げが遅れ、結局、景気回復も遅れてしまったとの反省から、スタグフレーション下の79年に登場したインフレファイターと知られる同氏は一時政策金利を20%まで引き上げ、まずインフレ退治を優先した。

そうしたFRBのタカ派への転身を懸念してリスクオフが再燃、暗号資産市場では先月のテラ・プロジェクトに続き、レンディングサービス・セルシウスに引き出しが殺到、入出金を停止したことも雰囲気を悪くしたか。

一方、50bp利上げがコンセンサスだった今週水曜日(日本時間木曜日未明)のFOMCについても市場は75bp利上げをほぼ織り込んだが、50b利上げとなればリスクオフから反転する可能性が出てきた。

今回、BTCは1日で約15%下落したが、2012年以降で1日15%以上下落した27回中、翌日プラスに転じたのは13回だが、2日後、3日後ではそれぞれ16回、17回。2015年以降で見れば7回中6回3日後にはプラス転しており、急落の2日目以降反発する傾向が覗える。

本日は安値余地を探る展開が予想されるが、明日のFOMCで50bp利上げとなれば、市場が反転する可能性がある。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。