1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

ポイント

・レンジ下抜け、27,000ドル割れ

・強めの米CPIでリスクオフ再燃

・大型カンファレンス、コンセンサス2022でも雰囲気は好転せず

・FOMC前でFRBプット働かずリスクオフ継続、BTCは下値トライか

週末のBTC相場

週末のBTC相場は下落。

30,000ドル(約400万円)近辺で三角持ち合いを形成していたが、下にブレークすると、27,000ドル(約365万円)割れまで値を下げている。

BTC相場は、木曜日のECB理事会がタカ派な内容であったことを受け、米株も値を下げる中、上値の重い展開が続いていたが、30,000ドル割れ水準ではサポートされていた。

金曜日のアジア時間に若干下値を切り下げたが、何とか30,000ドル近辺での取引を続けていたが、発表された米CPIが前年同月比8.6%と40年ぶりの高水準となり、前月比でもヘッドラインが+1.0%、コアで+0.6%といずれも予想を上回り、先月一部で浮上したインフレはピークアウトしたとの見方が否定された。

これを受け、米長期金利が急上昇、米株は下落、BTCも値を下げたが、金価格の急上昇もあり、29,000ドル半ばで下げ渋っていた。しかし、その金の上昇が一服すると、28,000ドル台まで値を下げた。

その後は、29,000ドル近辺でのもみ合い推移が続いたが、期待された大型カンファレンス、コンセンサス2022で目立ったヘッドラインが出なかったこともありじりじりと値を下げ、日曜日に5月26日の安値28,000ドルを割り込むと下げ足を速め、遂には27,000ドルも割込んでいる。

なお、ジャック・ドーシー氏のBlockがBTCのレイヤー2を利用して分散型のID管理システムを発表、コンセンサスではBinanceのCZ CEOが先週報道されたSECが同社金BNBコインの証券該当性について否定したが、市場に与える影響は限定的だった。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底値を探る展開を予想する。

イベントが続いた先週だったが強めの米CPIを嫌気してリスクオフが再燃する格好となった。続くコンセンサスでも市場の雰囲気を一新するほどのヘッドラインは出ず、BTCは更に値を下げる形となっている。

先月浮上したインフレはピークを打ったとの思惑が完全に否定され、市場はFRBの金融引き締め加速への懸念からリスクオフが再燃している。

これに対し、FOMC前のブラックアウト期間に入っているため、市場心理が冷え込めば緩和的なメッセージで市場をサポートする、いわゆるFRBプットも働きにくい。

先日、半減期からボトムまでの日数を考えると、大底は近い可能性が高いと申し上げたが、その場合は、これから大底が到来することとなる。

まだ先月12日につけた25,000ドル台が守られるのかどうかは不明だが、市場は一度下値余地を探りに行くことが予想される。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。
※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。