1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 「波高きは天底近し」ビットコインの乱高下は大底が近いしるしか?

「波高きは天底近し」ビットコインの乱高下は大底が近いしるしか?

「波高きは天底近し」ビットコインの乱高下は大底が近いしるしか?

「波高きは天底近し」ビットコインの乱高下は大底が近いしるしか?

ポイント

・31,000ドル台から29,000ドル台に行ってこいの展開

・米株先物の失速をきっかけに下落、CME先物窓埋めで下げ止まる

・Papalの送金開始、シタデル・Virtuなどの本格参入報道で反発

・「波高きは天底近し」方向感は出ていないが、大底が近いしるしか

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は下に行ってこい。

31,000ドル(約410万円)台半ばで上値を抑えられると、29,000ドル(約385万円)台前半まで急落したが、未明から今朝方にかけて31,000ドル台半ばに急反発している。

10週連続陰線を回避した週明けのBTCは買い安心感もあり31,000ドル台まで上昇したが、同水準で先週形成したヘッドアンドショルダーのネックラインに上値を抑えられていた。

ロイターがBinanceで数年にわたり23.5億ドルのマネロンが行われていたと報じ、Forbes紙で同社が反論したが、Bloombergが米SECがBNBを調査していると報じると暗号資産市場に動揺が走ったが、BNBが値を下げる中、BTCは底堅く推移した。

しかし、アジア株がオープン後、米株先物が急落すると、BTCは値を崩し始め、29,000ドル台前半まで急落した。

月曜日に開けたCME先物の窓埋めが完了、6月に入っての安値水準でサポートされると、しばらく29,000ドル台半ばで下げ渋った。

米株が上昇して始まると、BTCは30,000ドルを回復、更にPaypalがNY州のライセンスを取得し、暗号資産の送金サービスを開始すると発表、CoindeskなどがシタデルとVirtuがフィデリティやチャールズ・シュワブとコンソーシアムを組み、年内ないし来年早々に暗号資産プラットフォームを提供すると報じられるとBTCは31,000ドル台半ばまで急反発した。足元では、ドル建てで前日の上値を抜けきれなかったこともあり、若干反落している。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。

BTCは、今週後半にイベントが続くことから方向感のない展開を予想していたが、ふたを開けてみると、方向感は出ていないがレンジ内を乱高下する展開が続いている。

但し、値動きの割に出来高は目立って増えておらず、どちらかと言えば方向感が出ず、市場が薄いために値動きが大きくなっているイメージか。

そのイベント第一弾の本日のロシア・トルコ外相会談だが、ウクライナのゼレンスキー大統領は昨晩FT紙のインタビューで国土全土を取り返す(まで戦う)とコメント、早期停戦の期待は薄くなった。

次のマーケットの焦点は木曜日のECB理事会と金曜日の米CPIであり、それまでは派手な値動きをするかもしれないが、方向感が出にくい展開が続くか。

一方で、波高きは天底近しという格言もあり、BTC市場は大底にまた一歩近づいているのかもしれない。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。