1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコイン相場の「凪」は嵐の前兆か

ビットコイン相場の「凪」は嵐の前兆か

ビットコイン相場の「凪」は嵐の前兆か

ビットコイン相場の「凪」は嵐の前兆か

ポイント

・30,000ドルを挟んでの小動き

・米雇用統計は強めのNFPで米株売り・BTC売り

・アーサー・ヘイズ氏の指摘もあり大底が意識されるが、手を出しにくい状況

・今週後半に露土外相会談・ECB理事会・米CPIとイベント続き、前半は動きにくいか

週末のBTC相場

週末のBTC相場は下落後、小反発。

30,000ドル(約390万円)台半ばで上値を重くすると失速、29,000ドル台(約380万円)半ばに値を落とすが、じりじりと値を戻し、足元では30,000ドル近辺での推移となっている。

水曜日に発表されたISM製造業景況感指数が予想を上回ったが、金融引き締め強化につながるとの見方から高寄りしていた米株が下落すると、BTCは31,000ドル近辺をネックラインとするヘッドアンドショルダーを形成し29,000ドル台に値を下げた。

その後、木曜から金曜日にかけて30,000ドル台半ばまで値を戻したが、ヘッドアンドショルダーのネックラインがレジスタンスとなり上値を抑えられると、指標前のポジション調整的な動きから30,000ドルを割り込んだ。

注目の米雇用統計では非農業部門雇用者数が予想31.8万人増に対し実績39万人増と強めの数字で、金融引き締め強化を嫌気して米株が安寄り、BTCも29,000ドル半ばまで値を下げた。

しかし失業率は予想3.5%に対し実績3.6%、インフレを占う意味で注目の平均時給が予想0.4%増に対し前回と同じ0.3%増にとどまるなど、必ずしも強いとまで言える数字でもなかったとの見方から米株が下げ渋ると、BTCはじりじりと値を戻していった。

週末に人気NFTのBAYCでハッキングが発生、STEPN関連トークンGSTが更に値を下げるなど、NFT関連の動揺は収まっていない模様だが、一方、ブロック生成が一時停止たSolanaの価格下落が一服したこともBTCの底支えとなったか。

本日未明に30,000ドルを回復すると、30,000ドルを挟んでの一進一退の推移となっている。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。

アーサー・ヘイズ氏が5月が大底だった可能性を指摘、半減期を巡る4年サイクルからしてもいよいよ大底が近づいた感があるBTC相場だが、足元では動意が薄い展開が続いている。

同氏が指摘するように既に底を付けているのであればいいのだが、もしこれから大底を付けるのであれば、短期的にはここから下がるからだ。

先日のゴールドマンサックス(GS)が顧客の保険会社328社に対し調査、1%が今後12か月間に暗号資産ポジションを増やすと回答した。ということはGSと取引のあるような保険会社のうち3社程度が暗号資産を買おうとしている可能性がある。興味を持っている会社はもっと増える。

このように保険会社に限らず潜在的な需要がありそうだが、ここで買うべきかについては二の足を踏む投資家が多いというのが実態なのかもしれない。

今週は、水曜日にロシア・トルコ外相会談、木曜日にECB理事会、金曜日に米CPIと市場が注目するイベントが続く。

そうした中、週前半は上下どちらにも動きにくい展開が続きそうだ。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。
※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。