1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. アーサー・ヘイズ氏「ビットコインは大底を打った可能性」

アーサー・ヘイズ氏「ビットコインは大底を打った可能性」

アーサー・ヘイズ氏「ビットコインは大底を打った可能性」

アーサー・ヘイズ氏「ビットコインは大底を打った可能性」

ポイント

・29,000ドルに下落後、じりじりと値を戻す展開

・OPECプラスの増産合意・ブレイナード氏9月利上げ見送りは困難

・アーサー・ヘイズ元BitMEX CEO、先月の25,000ドルが大底だった可能性

・サイクル的にはそろそろ大底を迎えても不思議はない

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は下落後、小反発。

水曜日の海外時間に32,000ドル(約415万円)再トライに失敗すると、29,000ドル(約375万円)半ばまで急落。その後は底堅さを見せ、30,000ドル(約390万円)台に戻している。

水曜日に発表されたISM製造業景況感指数が予想を上回ったが、金融引き締め強化につながるとの見方から高寄りしていた米株が下落、Solanaのネットワーク停止などもあり、BTCはロングの清算を巻き込みながら29,000ドル台に下落した。

Solanaのネットワーク再開もありBTCは下げ止まると、BTCの価格予想に定評があるアーサー・ヘイズ元BitMEX CEOが5月に付けた25,000ドルが大底だった可能性を指摘、アジア株の反発もありBTCはじりじりと値を上げ始めた。

注目のOPECプラスではWSJが報じたようなロシア排除の動きはなかったものの株式市場などが望んでいた7月増産を全会一致で決定した一方で、ブレイナードFRB副議長が市場に出回り始めた9月利上げ見送りは非常に難しいとの見方を示すなど、硬軟材料が交錯する中、安寄りした米株がその後反発すると、BTCも30,000ドル台にしっかり乗せてきている。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底堅い展開を予想する。

このところの米株市場はややトリッキーで、強めのISMに対して引き締め強化を懸念して下落、一方で昨日の弱めのADPにはインフレ抑制要因と歓迎する見方も聞かれた。

本日の雇用統計も、強めの数字で売り、弱めの数字で買いとなる可能性があり注意が必要だろう。

2018年の下落などBTC相場予想に定評があるアーサー・ヘイズ氏は、BTCがまだ40,000ドル台だった今年4月に「6月に30,000ドルまで下落する」と予想、市場に動揺が走った。

その同氏が5月の25,000ドル台が大底だった可能性を指摘した。この考えの背景にはBTCは半減期を起点に4年サイクルがあると考える。

手元の計算では、2012年の半減期後のボトムは半減期から777日目、2016年の際は888日目だった。本日は2020年5月の半減期から752日目。いつ大底を迎えても不思議はないし、ヘイズ氏が言うように先月12日の25,000ドルが底だった可能性も十分にある。

一方で、米株の反発をみて、FRB高官から再びタカ派色の発言が出回り始めた。そろそろ大底が意識され始めたBTCでは、押したところには買いが入ると考えるが、まだ積極的に上値を追っていく局面でないかもしれない。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。