1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコイン反発開始!この動きは本物か?

ビットコイン反発開始!この動きは本物か?

ビットコイン反発開始!この動きは本物か?

ビットコイン反発開始!この動きは本物か?

ポイント

・32,000ドルにワンタッチ

・きっかけのひとつは上海のロックダウン解除、トルコの仲介の動きも影響したか

・DeFi・NFT不安で売られていたアルトコインの戻りが大きい

・予断は許さないが、レンジを上抜けており、一旦は上値余地を探る展開か

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は上昇。

朝方30,000ドル(約385万円)を上抜けると、しばらく31,000ドル(約395万円)を前に上値を抑えられていたが、今朝方上抜けると32,000ドル(約410万円)にワンタッチした。

週末にスタートした新生テラ(LUNA)トークンが取引開始直後に急落し、韓国当局がテラ関係者の捜査を開始していると報じられ、月曜日未明には人気を集めていたSTEPNで歩くともらえるトークン価格が急落するなど、テラ事件から続くDeFi・NFTへの逆風が続いたが、BTCは比較的底堅く推移していた。

週明けのCME先物開始に向け上昇するも30,000ドルを前に上値を抑えられたが、上海のロックダウンが6月1日より実質解除され、同当局が経済支援策を発表したことを好感して中国株が小高く始まると、BTCは30,000ドルを上抜けた。

米市場が休場となる中、31,000ドルを2度トライするもあと一歩のところで届かずにいたが、今朝方上抜けに成功すると5月16日の戻り高値31,400ドルもブレーク、32,000ドルにワンタッチした。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は上値余地を探る展開を予想する。

先週の米株の反発に殆どついていけなかったBTC相場だが、ようやく反発を見せた。

その米市場が休場で、更に週末には新生LUNAの急落やSTEPN関連トークン下落などテラ問題の第2波的な動きが見られる中での反発は、やや意外なタイミングであった。

きっかけは上海のロックダウン解除、これで世界中の株が上昇、週明けの米株市場も上昇する可能性が高まった。

またウクライナ問題でもトルコが国連を交えた協議を提案するなど5月の景況感を悪化させていた、中国経済の減速やウクライナ情勢の長期化といった状況に若干変化の兆しが見られたことが市場の雰囲気を明るくさせたか。

反発局面では、DeFi・NFT不安で大きく売られていたアルトコインの戻りが大きく、悪材料出尽くし感で、それまでの反動が出たのかもしれない。

一方で、EUのロシア産原油禁輸が合意され、原油先物価格が上昇、連休明けの米株市場の不安材料として浮上している。

BTC市場も、まだ予断は許さないが、5月12日の急落・反発後のレンジを上抜けたことから、一旦は上値余地を探る展開を予想する。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。