1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 下げ渋るビットコイン、今週の注目点

下げ渋るビットコイン、今週の注目点

下げ渋るビットコイン、今週の注目点

下げ渋るビットコイン、今週の注目点

ポイント

・28,000ドルでサポートされる

・アルトコイン関連ヘッドライン続くもBTCに方向感出ず

・今週は米重要経済指標が続き、また連休明けの米株動向に注目が集まる

・本日は米休場でBTCの方向感も出にくいか

週末のBTC相場

週末のBTC相場はもみ合い推移。

木曜日に28,000ドル(約360万円)近辺から反発するも30,000ドル(約385万円)台手前で上値を抑えられると、金曜日から土曜日未明にかけて再び28,000ドル台前半まで下落。しかし、そこからじりじりと上昇、29,000ドル台半ばまで値を戻している。

BTCは、木曜日の米株オープン前に28,000ドル近辺まで失速したが、米株が上昇すると30,000ドル近くまで急反発した。

しかし、30,000ドル手前で上値を抑えられると、NFTスニーカーを先に購入すれば、歩くともらえるSTEPN関連トークン(GST)が下落、ソラナ(SOL)などNFT関連アルトコインが値を下げる中、BTCも28,000ドル台に値を下げていった。

アルトコインの下げが一服するとDeribitのオプション期日に向け反発を見せ、更に米株が上昇してオープンすると29,000ドル台に反発した。

米株の上昇をしり目にBTCは上げ渋ると、Reuterがロシアで経済制裁逃れとして貿易決済に暗号資産を利用する動きが見られるといった記事も嫌気され、28,000ドル台前半まで下落した。

しかしこの水準でサポートされると、じりじりと値を戻していった。週末にステーブルコインのペッグ崩壊などを経て新生テラトークンがスタート、一方でSTEPN関連トークン(GST)が更に値を下げ、BTCの上値が重くなる局面も見られたが、足元ではCME先物開始に合わせ29,000ドル台半ばまで値を戻している。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底値を固める展開を予想する。

この週末は、オプション・CME先物の期日を通過後、失速し、ヒヤッとしたが、何とか28,000ドル台でサポートされた。

米株がこれだけ戻っている割にBTCの値動きがさえないが、これは米投資家心理が冷え込んで買い手が不在なことと、もうひとつ、テラ問題から波及した暗号資産市場内の動揺が収まり切っていないことも挙げられるか。

テラ問題は、マクロで市場から流動性が吸収される中で、脆弱性を抱えていたプロジェクトで取り付け騒ぎ発生した格好だが、その次に市場に狙われたテザーが持ち直したこともあり、信用不安の連鎖はいったんは防がれた。

しかし、その後も、テザーからより背景資産の管理がしっかりしていると見られているUSDCへの資金シフトが見られたり、一時流行していたSTEPN関連トークン価格が急落、SOLも大きく値を下げるなど、まだ信用不安を完全に払しょくしたと言えない状況で、引き続き注意が必要だ。

それでもBTCが持ちこたえているのは、暗号資産市場内からの逃避フローや米株の戻しに支えられている格好か。

今週はISM・雇用統計と米重要経済指標が続き、また連休明けの米株市場の行方に注目が集まるが、本日は米市場が休日ということもあり、やや方向性に欠ける展開が続きそうだ。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。