1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 急落後、切り返したビットコイン、本日の焦点とは?

急落後、切り返したビットコイン、本日の焦点とは?

急落後、切り返したビットコイン、本日の焦点とは?

急落後、切り返したビットコイン、本日の焦点とは?

ポイント

・28,000ドルまで下落も反発

・一方、米株上昇の割についていけず

・DeFiやNFT銘柄に大きな売り、テラ問題の波及が続いているか

・相場を下支えしていた17時のオプション期日後もレンジを守れるかが焦点

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は下に行ってこい。

30,000ドル(約385万円)台を回復するも上値を抑えられると、28,000ドル(約360万円)まで下落。しかし、すぐさま切り返すと29,000ドル台半ばまで値を戻している。一方で、アルトコインは大きく値を崩す中、BTCは比較的堅調に推移している。

木曜日未明に発表されたFOMC議事録では、今後2回50bp利上げすれば、年末にかけて状況がよくなると参加者の多くが想定しているとされたことを好感、米株が上昇を始めると、BTCも30,000ドルにワンタッチした。

しかし、その水準で上値を抑えられると30,000ドルを若干下回る水準での取引が続いた。

午後に入り、SolanaなどDeFi関連銘柄を中心にアルトコインが値を崩し始めると、BTCも29,000ドル近辺まで下落した。

朝方発表された半導体大手エヌビディアの決算見通しが悪かったことも影響したか。一方、米株オープン前に発表されたメ―シーズやダラー・ツリーといった小売決算は堅調だったが、米株先の上昇は限定的にとどまり、BTCは29,000ドルを底抜け、28,000ドル近辺まで下落した。

しかし、米株が高寄り後、上昇を続けるとBTCは急反発、29,000ドル台半ばまで値を戻している。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底値を固める展開を予想する。

昨日のBTCは5月12日以降のレンジの下限だった28,000ドル半ばを下抜け、28,000ドル近辺まで下値を切り下げたが、その後、反発してレンジ内に戻ってきた。

これをどう評価するべきか、評価が難しい。ETHやSolanaなどが一時10%以上下落するなどDeFiやNFT関連銘柄が値を崩す中、BTCは前日とほぼ同水準までリバウンドしており、底堅さを見せたともいえるが、米株がこれだけ上昇した割にこの程度の戻しでは、一体どうなったらBTCは上昇できるのかという疑問も持ち上がる。

小職も一昨日Twitterでトウシルへの寄稿をご紹介したが、ここにきてテラ問題の解説が出回り、DeFiやNFTなどへの波及が再び注目を集めているのかもしれない。

一方で、そうした暗号資産内での質への逃避的な動きが出ると、BTCには買いが入りやすい傾向もみられる。

また昨日Twitterで30,000ドルに価格が吸い寄せられる仕組みを解説したたようにガンマディールの影響で支えられている可能性も高い。

今週に入って反発している米株だが、3連休を前に本日はポジション調整が入る可能性がある。BTCは、そうしたオプションの影響が弱まる本日17時のDeribitのオプションカット(期日)後、レンジを守り切れるかが焦点となるか。

Twitterはじめました

松田康生
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。