1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコイン、オプションのストライクに捕まったか?

ビットコイン、オプションのストライクに捕まったか?

ビットコイン、オプションのストライクに捕まったか?

ビットコイン、オプションのストライクに捕まったか?

ポイント

・30,000ドルを挟んでのもみ合い

・中国株反発、FOMC議事録で株買い

・米投資家は資産防衛に忙しく、暗号資産に手が回ってきていない状況か

・30,000ドルを超えると上値が重くなる典型的なオプションのストライクの影響が観察される

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場はもみ合い。

火曜深夜から水曜日未明に28,000ドル(約360万円)台半ばから反発すると30,000ドル(約385万円)台を回復。その後は30,000ドル近辺でのもみ合い推移が続いている。

SNAP社の見通し下方修正を受け、火曜日の米株市場はSNS関連株を中心に大きく下げて始まり、BTCも28,000ドル半ばまで値を下げた。

しかし、その後、ディフェンシブ株を中心に米株が値を戻す中、BTCも値を戻していった。更に、このところ下落が目立っていた中国株が切り返すと、BTCは30,000ドル台に回復した。

その後、29,000ドル台に押し戻されたが、注目のFOMC議事録で、今後2回50bp利上げすれば、年末にかけて状況がよくなると参加者の多くが想定しているとされたことを好感、米株が上昇を始めると、BTCも30,000ドルにワンタッチした。

しかし、その水準で上値を重くすると、29,000ドル台後半での取引が続いている。

なお、ステーブルコイン・テラUSDのペッグ崩壊とそれを支えるはずだったLUNAトークンの暴落を受けたテラプロジェクトのハードフォーク提案が可決、いくつかの交換所がエアドロップされる新トークンのサポートを表明している模様。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は30,000ドル近辺でのもみ合い推移を予想する。

昨日はFOMC議事録後に米株が反発した割にBTCの戻りは限定的にとどまった。

インフレ・米利上げ・中国減速・ウクライナ情勢の長期化と景気に水を差すようなイベントが続き、米先行き不透明感が増し、米ファンドマネージャーたちはポートフォリオの防衛に忙しく、暗号資産にまで手が回らないといった状況なのかもしれない。

そうした中、リスクオフの状況が改善しても、買い手不在で相場が戻り切れない相場が続いている。

また、材料的に方向感が出にくい中、オプションのストライクの影響が目立ち始めた可能性がある。

直近価格近くでは30,000ドルのストライクが大きく、期日が集まる月末の金曜日近くになるとマグネット効果といって、ストライク付近に価格が吸い寄せられる傾向がある。

足元ではロシアの外債のドル支払いが阻止されルーブル建てでの利払いが開始しており市場に緊張感が走っている。そうした中、市場の雰囲気が一変するのは難しく、BTCも週末までは30,000ドル近辺での取引が続くか。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。