1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. なぜ、ビットコインは上がり切れないのか?

なぜ、ビットコインは上がり切れないのか?

なぜ、ビットコインは上がり切れないのか?

なぜ、ビットコインは上がり切れないのか?

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は安値圏でのもみ合い。

未明に30,000ドル(約385万円)近辺から29,000ドル近くまで下落、その後しばらくは横ばい推移となったが、海外時間に一時28,000ドル(約360万円)台半ばまで下落するも切り返し、29,000ドル台半ばに値を戻している。

週明けの米株市場が反発したものの戻しきれなかったBTCは、上抜けたはずの三角持ち合いの上限を割り込むと、今度はサポートラインも割り込み、29,000ドル近辺まで下落した。

米株クローズ後に、スナップチャットを運営するSNAP社が業績見通しを下方修正、米株先が下落するとBTCも一時28,000ドル台にワンタッチした。

しかし、月曜日に開けたCME先物の窓埋めが完了したこともあり切り返すと、以前の三角持ち合いのサポートがレジスタンスとなり、狭いレンジでの取引が続いた。

米株が安寄りしてオープン、更に米景況感指数が予想を下回ったこともあり米長期金利が急低下、円やスイスフランが買われるなど、俄かにリスクオフ的な動きが強まり、BTCは一時28,000ドル台半ばまで下落。

引けにかけてNYダウが前日比プラス圏(S&P500・Nasdaqはマイナス)まで戻す中、BTCも29,000ドル半ばまで反発、足元では30,000ドルを伺っている。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は引き続き底値を固める展開を予想する。

火曜日の米株市場は下に行ってこいの展開で、BTCも連れて推移した。

月曜日に反発した米株がオープン後反落した要因はSNAP株の下落とPMI(購買担当者景気指数)の悪化だ。

ただ、1日で4割下げたとはいえ時価総額200億ドルのSNAP株が米株を主導することには少し違和感があるし、同じ景況感指数でも月初に発表されるISMと比べて、S&PグローバルのPMIは注目度が普段は低い。

それでも長期金利が急落するなど市場が反応したのは、市場が米景気後退に敏感になっていることを示しているのだろう。実際、月初のISMを皮切りにミシガン大、NY連銀、フィラデルフィア連銀そして昨日のS&PグローバルPMIとリッチモンド連銀と出てくる景況感指数はいずれも前月から悪化している。

インフレ懸念、米利上げ、原油価格上昇、中国ロックダウン、ウクライナ情勢の長期化と反グローバル化と景気に水を差す話が続いていることが背景にあろう。

そうした中、米投資家も余裕や自信を失っており、BTC投資まで手が回らない構図なのかもしれない。

米株もBTCも、短期的にはリスクオフの巻き戻しがあると考えるが、大きな戻しは期待しにくいかもしれない。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。