1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコイン反落、現物ETF承認に向け明るい兆しも

ビットコイン反落、現物ETF承認に向け明るい兆しも

ビットコイン反落、現物ETF承認に向け明るい兆しも

ビットコイン反落、現物ETF承認に向け明るい兆しも

ポイント

・43,000ドルにワンタッチ後失速、40,000ドル割れ

・米金利上昇・米株反落、議長発言などを嫌気したか

・テクニカル指標は芳しくなく、米国時間に売られやすいなど地合いも良くない

・但し、現物ETF承認に向け明るい兆しも

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は上昇後、失速。

前日に跳ね返されていた42,000ドル(約540万円)を上抜けると、一時43,000ドル(約550万円)ワンタッチに成功。しかし、その後、失速すると、今朝がた一時40,000ドル(約515万円)を割りこんだ。

BTCは、イースター休暇明けに38,000ドルから反発を始めると水曜日に42,000ドルを付けると、その後は41,000ドル台で動意のない展開が続いた。

FT紙がゴールドマンサックス(GS)のCEOとFTXの創始者とが接触、両者の関係をより密接とすると報じられると、BTCはじりじりと値を上げていった。

Binanceが欧州からの制裁要求に対応してロシアへの暗号資産サービスを一部停止すると報じられたが相場への影響は限定的だった。

しかし昨日低下していた米長期金利が再び3%近くに上昇、これを嫌気して高寄りした米株が下落に転じると、BTCも43,000ドルにワンタッチして反落し始めた。

更に、パウエルFRB議長がCNBCで次回5月FOMCで50bp利上げが議論されると示唆すると、米株・BTCと下げ足を速めた。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は引き続き底値を固める展開を予想する。

昨日は43,000ドルまで上値を伸ばしたものの失速、一時40,000ドルを割り込んだ。

先日来、押し込められていた一目均衡表の雲の上限に上値を抑えられると、今度は下限を下抜け、3役逆転という売りサインまで点灯している。

テクニカル要因の弱さだけで判断するのは危険だが、イースター明けの反発シナリオは後退した形だ。

ここ数日、米株のオープンに向け上昇、オープン後に失速するパターンが続いており、米投資家の買い意欲をあまり感じられない。

一方で、ETFへのシフトを申請しているGrayscaleのBTCファンド(GBTC)のネガティブスプレッドは縮小、カナダに次いで豪州でも現物ETFが承認された。

金ETFが米国で承認される前に、豪州とカナダで先に承認されていた経緯もあり、米国での現物ETF承認を期待させる動きだ。GSとFTXの提携強化も心強い。

ただ、こうしたことが相場を下支えするには少し時間がかかるかもしれない。まずは現水準で底値を固める必要があろう。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。