1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. イースター明けのBTCは反発。米株とのダイバージェンスに注目。

イースター明けのBTCは反発。米株とのダイバージェンスに注目。

イースター明けのBTCは反発。米株とのダイバージェンスに注目。

イースター明けのBTCは反発。米株とのダイバージェンスに注目。

ポイント

・下落後、急反発で41,000ドルワンタッチ

・原油高がけん引、米株下落に反し、BTCは上昇

・イースター休暇明けの米投資家には割安と映ったか

・インフレ懸念に素直に反応し始めたことは心強い

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は急落後、反発。

週末は概ね40,000ドル(約505万ドル)を挟んでのもみ合い推移が続いたが、週が明けると38,000ドル(約480万円)台まで下落。その後、切り返すと、海外時間には一時41,000ドル(約520万円)台まで急反発した。

週明けのCMEのBTC先物が小さく下に窓を開けて始まると、すぐさま窓埋め方向に下落。

DeFi関連のBeanstalkで182百万ドルのハッキング被害が報告されていたこともあり、39,000ドル台に下落した。

窓埋めが完了し下げ止まるとじりじりと値を戻したが、40,000ドル手前で上値を抑えられると、アジア株の安寄りもあり失速、ロングの清算を巻き込みながら38,000ドル台まで下落した。

その後、カナダ最大手交換所BitBuyを買収したWonderFiがさらに同国大手Coinberryを買収したとの報もあり下げ渋っていると、リビア最大の油田が突然閉鎖を発表、原油価格が上昇する中、BTCはじりじりと値を上げ始めた。

これを嫌気してかイースター休暇明けの米株市場が反落して始まると、BTCも上値を抑えられたが、原油価格がさらに上昇、110ドルに肉薄すると、BTCは大きく反発、午前中の下げを取り戻し、41,000ドルにワンタッチした。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は引き続き底値を固める展開を予想する。

イースター明けの米株市場はウクライナ情勢の緊迫化と原油価格の上昇を受け下げて始まったが、BTCはインフレ懸念を反映してか反発した。

休暇明けの米国人投資家から見て、40,000ドル割れのBTCは割安に見えたのかもしれない。

これで一息ついたBTCだが、まだ一目均衡表の雲の中におり、下げ止まってはいるが、底を固めたと言うには、せめて雲の上限42,000ドルを上回る必要があるか。

ただ、先週出た一連のインフレ指標はいずれも加速を示唆するもので、かすかな希望だったコアの前月比での伸び率の鈍化も、原油価格の上昇で打ち消される公算が高い。

ウクライナ問題による世界経済のグローバル化の反転はインフレ圧力になるとの認識も広がっており、投資家の戻りとともにBTCは上昇に転じると考える。

従来はウクライナ情勢や原油高・米金利上昇といったインフレ懸念でBTCに買い圧力が高まっても、相関を高めていた米株の下落により相殺されていたが、昨晩、米株とのダイバージェンスを見せたことも心強い。

Twitterはじめました

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。