1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 原油100ドル回復、ビットコイン市場への影響は?

原油100ドル回復、ビットコイン市場への影響は?

原油100ドル回復、ビットコイン市場への影響は?

原油100ドル回復、ビットコイン市場への影響は?

ポイント

・4万ドル割れで下げ渋る

・米CPIはMIX、Buy the Fact気味に米金利低下(債券買戻し)

・その後、原油価格が上昇、米株下落でBTC連れ安

・インフレ懸念は増しており、BTCにはポジティブ

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は安値圏でのもみ合い。

一昨日から昨日未明にかけて42,000ドル(約530万円)台から39,000ドル(490万円)台まで大きく値を下げると、その後は、40,000ドル(約515万円)台まで値を戻すも、再び39,000ドル台に値を下げた。

BTCは、米長期金利上昇、ドル高、米株に押され41,000ドル台半ばにある50日移動平均線を割り込むと、ロングポジションの清算を巻き込み大きく値を下げた。

40,000ドルを割り込んだ水準でサポートされると、それまで下げていた原油価格が上昇に転じたことや、米CPIを前に大きく売られた反動もありやや買い戻し気味に推移した。

注目の米CPIは前年比+8.5%と予想(+8.4%)を若干上回ったが、コアの前月比が+0.3%と予想(+0.5%)を下回るMIXな内容だった。

これを受け、それまで上昇していた米長期金利がBuy the Fact気味(債券買い=金利低下)に急落、これを好感した米株高もあり、BTCは40,000ドル台半ばまで上昇した。

しかし、OPECが月例報告で増産に後ろ向きな姿勢を示すと、原油価格がさらに上昇。

これを嫌気して米株が値を下げると、BTCも40,000ドルを再び割り込んでいる。

 

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底値を固める展開を予想する。

昨日の米CPIのファーストリアクションはBuy the Fact(Sell the Fact)だった。それまで1週間で30bp近く上昇していた米10年債金利は15bp近く低下したように、大きく売られていた債券市場にショートカバーが入った格好か。

これを受けて、ドル売り・米株買いでBTCも若干買われたが、その後の米株の失速で上値を抑えられた。

米株の反落の背景は原油価格の上昇。米国が中心の備蓄放出で原油価格は90ドル近くまで低下していたが、ロシア産原油を禁輸した場合の肩代わりを求めた欧州高官に対し、OPECの事務局長はそのような能力はないと反論、また昨日発表されたOPECの月例報告でロシア問題で供給も減るが、需要も減るとの予想を示し、増産に消極的姿勢を見せた。

これを受け、原油価格は100ドルを超し、コアCPIの前月比が予想を下回り、原油価格が低下すればヘッドラインも低下するとした市場の期待を打ち砕いた格好となった。

ただ、BTC市場は米株の下落につれ安となったが、原因が原油価格の上昇によるインフレ懸念なのであれば、上昇に転じても不思議はない。

相場のセンチメントは芳しくないが、米CPIもMIXながらインフレの加速を確認する内容で、BTCは徐々に底堅さを増していくものと考える。

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。