1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. ビットコインは下落、それでも強気な理由

ビットコインは下落、それでも強気な理由

ビットコインは下落、それでも強気な理由

ビットコインは下落、それでも強気な理由

ポイント

・FOMC議事録を待たず43,000ドル台に下落

・前日のブレイナードFRB理事のタカ派発言と原油安が効いた格好

・ブレイナード発言にはやや反応し過ぎか

・冷静に見れば、さほどBTCに売り材料は無さそう

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は下落。

一昨日に47,000ドル(約580万円)台にワンタッチした後、46,000ドル(約570万円)近辺でもみ合っていたが、朝方45,000ドル(約555万円)割れに下落。45,000ドル台半ばまで値を戻すも、海外時間に入ると再び下落、43,000(約530万円)ドル台まで値を下げている。

Eマスク氏のTwitter社取締役任命を好感して47,000ドルにワンタッチしたBTC相場だが、その後はブレイナードFRB理事のタカ派発言を受け45,000ドル台まで下落。

日本株の安寄りもあり更に値を下げ5日の安値45,000ドル近辺を下抜けると44,000ドル台前半まで値を下落した。

月内最安値となる水準でサポートされると、30億ドル規模のBTC購入を宣言していたTerra関連のアカウントで新たに5,040BTCの購入が観察されたこともあり45,000ドル近辺まで値を戻した。

しかし、先日6億ドルを超える大規模ハッキングに被害があったAxie Infinityの運営サイドが資金償還のために1.5億ドル資金調達したと伝わると、一部にPoly Network事件と同様にハッカーからの返還を期待していた向きもあったせいか、BTCは下落に転じた。

ウクライナ紛争での停戦ムードは後退したが、原油価格が下落したことでインフレ懸念が後退したこともBTC相場の足かせとなったか。

その後、米株が安寄りして始まり、米国の原油在庫が増加、原油先物価格が100ドルを割り込むとBTCは43,000ドル台まで下落、月内安値を更新した。その後、注目のFOMC議事録で若干値を戻したが、上値の重い展開が続いている。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は底固い展開を予想する。

昨日は、注目のFOMC議事録を待たず、BTC相場は下落した。原因は、ブレイナード発言によるリスクオフ、原油価格の低下、Axie Infinityの資金調達といったところか。

ブレイナードFRB理事は早ければ5月のFOMCでBS縮小を速いペースで行いたいというものだった。市場は、あのハト派のブレイナード氏までが、タカ派な発言をしたと驚いた模様だが、昨日発表されたFOMC議事録に5月から月950億ドルのペースでのBS縮小を行うことが適切との見解で一致したと書いていることを述べただけだ。

また950億ドルのうち600億ドルとされる国債は償還による自然減でコントロールが可能かもしれないが、350億ドルとされる住宅ローン担保債券については市中売却が必要となる。なぜなら、金利が上昇しているので住宅ローンの借り換えによる期前返済が起こりにくいからだ。

このことをブレイナード氏は「速いペース」で表現、売り圧力がかかる債券市場での金利上昇に他の市場はやや反応し過ぎた格好か。むしろBTC市場などはインフレヘッジの必要性を再確認しても良いイベントだったと考える。

ウクライナ情勢を見るに、このまま原油価格が下落し続けるとは到底思えないし、Axie Infintyもこの調達で償還の目途がついた可能性がある。

冷静に見れば、BTC市場にさほど売り材料がある訳ではないと考える。

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。