1. マーケット情報
  2. マーケット情報一覧
  3. 停戦協議進展したが、ビットコインが上がり切れなかった理由

停戦協議進展したが、ビットコインが上がり切れなかった理由

停戦協議進展したが、ビットコインが上がり切れなかった理由

停戦協議進展したが、ビットコインが上がり切れなかった理由

ポイント

・200日移動平均線に上値を抑えられる

・ウクライナの停戦協議は進展した割に小反落

・原油価格下落によるインフレ懸念後退や金曜日の雇用統計を前にしたポジション調整か

・Axie Infinityの巨額ハッキングも消化しきれていない

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は高値圏でのもみ合い。

週明けに45,000ドル(約550万円)を上抜けたが、昨日火曜日に200日移動平均線が横たわる48,000ドル(約595万円)台で上値を抑えられると、その後は、概ね47,000ドル(約585万円)台での小動きに終始した。

月曜日未明にトルコでのロシア・ウクライナ対面協議再開やゼレンスキー大統領の中立化受入れ発言を受けBTCは大きく上昇したが、火曜日に入り200日移動平均線を前に上昇は一服。

しかし交渉進展への期待もあり底固く推移していると、イスタンブールでの和平交渉で進展があったとウクライナ側から発表があり、ロシア側からも首脳会談の可能性やキエフなどへの攻撃縮小が発表され和平ムードが急速に広がった。

これを受け、BTCは再び48,000ドル台に乗せるが、一方で原油価格が100ドル割れに急落、インフレ懸念の後退もあり同水準で上値を抑えられた。

するとゲームをプレーしてトークンが得られると一時話題になったAxie InfinityのRonin Networkで過去最大規模の625百万ドルのハッキングが発生、BTCは下落するも47,000ドル近辺でサポートされた。

その後も、2年以内に米国が不況入りすることを示す、2年物米国債金利が10年債金利を上回る逆イールドが発生、注目を集めたが、BTC市場に与える影響は限定的だった。

本日のBTC相場

本日のBTC相場は引き続き高値圏でのもみ合いか。

昨晩のトルコの仲介によるロシア・ウクライナ協議について両当事者からポジティブな発言が示された。停戦合意までには紆余曲折がありそうだが、一歩前進となった。

これを受けて米株などは上昇したがBTCは上値を抑えられた。理由のひとつは、原油価格下落によるインフレ懸念の後退だ。協議の進展を受け、原油先物価格は10ドル近く下落、一時100ドルを割り込んだ。

但し、仮にこのまま協議が順調に進んだとしても当事者だけでなく多国間の合意など合意締結には時間がかかるうえ、停戦が実現しても経済制裁が直ちに解除されるものでなく、原油価格低下・インフレ圧力後退には時間がかかりそうだ。

もうひとつの理由は、週末の雇用統計・ISMを前にしたポジション調整だ。ドル円相場に似ていて、まだ円安継続を見る向きは多いが、かつての黒田ライン125円の節目で、イベント前に利食い売りが入っている。BTCも200日移動平均線を前に若干利食いが出ている格好か。

史上最大クラスのAxie Infinityのハッキングも十分に消化しきれていない気もする。こうした中、本日も若干上値の重い展開が続きそうだ。

松田康生
楽天ウォレットシニアアナリスト
東京大学経済学部で国際通貨体制を専攻。三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、2021年のピーク800万円、年末500万円と予想、ほぼ的中させる。2022年1月より現職。

※この記事では、投資判断の参考のための情報提供を行っておりますが、銘柄推奨や投資活動の勧誘を目的としておりません。また、楽天ウォレットとしても投資勧誘や断定的な予測をおこなうものではありません。

※発信された情報に将来の予想が含まれることがありますが、発信者個人の見解であり、またその正確性、信頼性を保証するものではありません。投資の最終判断は、ご自身で行っていただきますようお願い致します。