1. トップ
  2. 特集一覧
  3. 特集

暗号資産(仮想通貨)・ビットコインとは何か?【特徴・仕組みを解説】

「暗号資産(仮想通貨)」、「ビットコイン」という言葉を聞いたことはあるものの、「正直何だかよくわからない!」という人は多いのではないでしょうか。
そんな方に向けて今回はビットコインを中心とした暗号資産の特徴や仕組みを解説します。

1.暗号資産(仮想通貨)とは?

「暗号資産」とは、ブロックチェーン(※)という仕組みで管理される電子データ資産です。
インターネット上での送金や決済に用いることができ、世界中の取引所で円、ドルなど法定通貨と交換、または暗号資産同士の売買が行われています。

以前は「仮想通貨」の呼び名が一般的でしたが、「通貨」という部分が法定通貨との混同を招く可能性があるため、2020年5月より「暗号資産」という名称が使われています。

現在は主に投資商品として注目を集めている暗号資産ですが、将来実用的な決済手段として普及する可能性があり、その特徴としては大きく分けて以下3つあります。


①個人間で直接送金することができる

一般的に日本円や外貨を送金する際には、銀行などの金融機関を介して送金する必要があります。
しかし、暗号資産取引においては個人間での送金が可能です。 直接会ってお金を支払うのと同じように、暗号資産を使えば直接相手に送金することができます。

②手数料が無料、または安い

銀行送金やクレジットカード支払いでは一定の手数料が存在し、少額の送金や売買においては不向きと言えます。
しかし、暗号資産取引においては仲介する組織が存在せず、個人間でのやりとりが可能であるため、殆どの場合無料または低コストで送金や取引が可能です。

③世界共通で利用可能な通貨単位である

通常、日本円を海外で利用するには両替(例えば円から米ドル)が必要ですが、暗号資産は世界共通の単位です。
現在、暗号資産での支払いが可能なお店が世界中で増えてきています。

「ブロックチェーン」とは複数の取引を1つのブロックにまとめて記録し、それを鎖のようにつなぐ技術です。すべての取引が公開されるので、不正取引を防止する仕組みとなっています。なお、取引の記録には改ざんできないよう高度な暗号化技術が用いられています。

2.暗号資産(仮想通貨)の種類

世界で流通している暗号資産の種類は何千にもなります。

【参考】世界で流通する暗号資産の種類とその流通量:
https://coinmarketcap.com/all/views/all/

当社の現物取引アプリ「楽天ウォレット」、証拠金取引アプリ「楽天ウォレットPro」では、それぞれ取引実績の多い以下の銘柄をご提供しています。


現物取引アプリ「楽天ウォレット」提供銘柄
・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

証拠金取引アプリ「楽天ウォレットPro」提供銘柄
・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・XRP(リップル)

「暗号資産」と一口に言っても千差万別です。ご自身がお取引をされる際は、購入する銘柄がどんなものなのか是非事前によく調べてから行うことをお勧めします。

上記に挙げた楽天ウォレットで扱う銘柄は比較的メジャーで時価総額も大きいものですが、極端な例を言うと、所謂「草コイン」と言われるような、時価総額が低く、1通貨あたりの価格が安い銘柄については、取引量が少ないため価格が急落する可能性や、コインの購入自体が詐欺のリスクすらあるので注意が必要です。

初心者の方が暗号資産取引を始める場合は、最も有名で流通量も多いビットコインなどの銘柄が安心してお取引いただけるのではないかと思います。当社の現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」なら現金を使わずに楽天ポイントとの交換もできるのでさらにお勧めです。

「ではビットコインとは具体的にどんなものなのか?」ということで、以下、ビットコインについてその特徴・仕組みなどを解説していきます。

3.ビットコインとは?

サトシ・ナカモト氏が発表した非中央集権型の電子決済システム

ビットコインはサトシ・ナカモト氏が2008年に発表した論文を基にシステム開発・運用が行われている電子決済システムです。

【参考】「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」:
https://bitcoin.org/files/bitcoin-paper/bitcoin_jp.pdf

一番の特徴としては、法定通貨のように中央銀行のような機関が存在しその価値を保証しているのではなく(非中央集権型で)、ビットコインの発行から取引まで全て個人間同士のやりとり(Peer to Peer)が行われていることです。

この中央機関が存在しないことについては前述の暗号資産の特徴にも挙げたように、他の暗号資産にも共通する重要な概念になっています。

その取引の整合性の担保については、分散されたコンピュータのネットワーク上に取引の詳細が保存され、ネットワークへの参加者全員で共有・管理、その整合性をとる「分散型台帳技術/ブロックチェーン」を利用して行っています。

上記のような中央管理を伴わない仕組みで稼働するビットコイン利用のメリットとしては、個人間で素早く・安い手数料で送金が行えることが挙げられます。

銀行から海外送金を行うと数日かかる、かつ大きな手数料を徴収されることも珍しくありませんが、ビットコインを利用した個人間の送金では数分〜数十分で完了し、銀行経由の海外送金に比べて非常に低い手数料で送金を行うことが可能です。

マイニング(承認作業)と4年に一度訪れる「半減期」

ビットコインの取引データをネットワーク参加者で共有する取引台帳に記録・取引を承認する作業を「マイニング」、マイニングの実施者を「マイナー」と呼びます。

世界中の企業や個人がマイナーとしてこの承認作業に参加していますが、その理由としてはこのマイニング作業の実施によるネットワークへの貢献に対し、マイナーは新たに発行されるビットコインを報酬として受け取れるからです。

そのようなインセンティブによりビットコインのネットワーク運営が維持され、参加者が安心して取引を続けられるようそのシステムが設計されています。

一方、ビットコインがマイニングにより無限に発行され続けるとインフレによりその価値が低下してしまうため、ビットコインの発行量は2,100万枚と予め上限が決まっています。

加えて、一定量の取引承認(ブロックチェーンにおけるブロック生成)が行われるとマイニング報酬、つまりビットコインの新規発行が半減する「半減期」という仕組みによりその供給スピードについてもコントロールされています。

このビットコインの半減期は約4年に一度のペースに訪れ、ビットコインの価格やマイナーの動向に影響を与える可能性もあります。直近では2020年5月に半減期を迎えました。

ビットコインの半減期については以下の記事で詳細を述べていますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>「初心者でもわかる半減期」
>>「半減期でビットコイン価格急騰を予測するストック・フローモデル」

世界初のビットコイン決済は2枚のピザ

これはちょっとした薀蓄(うんちく)ですが、上記のような特徴を持つビットコインが世界で初めて決済に使われたのは、2枚のピザに対してでした。

2010年5月18日、フロリダに住んでいたプログラマーのLaszlo Hanyeczは「ビットコインフォーラム」というサイトに「誰か10,000ビットコインをピザ2枚に交換してくれる人はいないか?」と書き込みをします。

この書き込みに応答したのは、ロンドンで学生をしていたJeremy Sturdivantでした。彼はLaszloの呼びかけに応えようとオンラインで注文できるピザ店を探しました。そして、アメリカの「Papa Johns」でピザ2枚を注文したのです。

サイトに書き込みをしてから4日後の5月22日、Laszloはピザ2枚を無事に受け取り、Jeremyへ10,000ビットコインを支払いました。

この交換が行われた日が、ビットコインが通貨の役割として世界で初めて使われた「ビットコインピザデー」として、現在では毎年世界中で盛り上がる暗号資産業界の一大イベントとなっています。

楽天でも2020年5月にビットコインピザデーを記念して、楽天デリバリーでのピザの購入に対してビットコインをプレゼントする「楽天ピザの日キャンペーン」(楽天デリバリー主催)を実施し、この歴史的な日をお祝いしました。

4.暗号資産(仮想通貨)・ビットコインの買い方

最後に、当社の現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」でのビットコイン購入&ポイント交換を例に、暗号資産投資の始め方をご説明します。
初心者でも簡単にできるので、本記事で暗号資産・ビットコインに興味を持たれた方は、以下の手順を参考に是非挑戦してみてください。

現物取引口座を開設しよう!

楽天ウォレットの現物取引口座は、以下の5ステップで申し込み後最短即日の開設が可能です。
楽天銀行に口座をお持ちの方なら新規申込時の本人確認手続きは不要、より簡単に新規開設ができます。

1.楽天会員の登録
2.楽天会員IDでログイン
3.各種交付書面の承諾
4.お客様情報の登録
5.(楽天銀行口座をお持ちの方)楽天銀行の口座振替登録 or (楽天銀行口座をお持ちでない方)らくらく本人確認で行う

詳細はこちらをご確認ください。

口座開設は以下からお進みください。



専用アプリをダウンロードしよう!

取引を開始するには専用アプリ「楽天ウォレット」が必要なので、以下URLよりダウンロードをしてください。


楽天ウォレットのスマホアプリはシンプルで分かりやすい画面で、初めての方でも入出金や売買の操作が簡単に行えます。

また、アプリを不正に操作されないよう、ID・パスワードの入力の他に、自動生成される確認コードを入力する2段階認証を導入しセキュリティ対策を講じています。
2段階認証は、ログイン時、日本円出金時、暗号資産出庫時に必須です。

詳細はこちらをご確認ください。

ビットコイン投資を始めてみよう!

楽天ウォレット現物取引口座の開設&アプリのダウンロードが完了したら、早速暗号資産投資を始めてみましょう。
楽天ウォレットの現物取引では暗号資産の購入取引実績の多い3銘柄(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を提供しています。

ここではビットコインを取引する際の手順を以下まとめます。
ビットコインを手に入れる方法としては、日本円で購入する方法と、楽天ポイントと交換をする方法があります。

■ビットコインを日本円で購入する場合
日本円でビットコインを購入する場合、まず始めに楽天銀行あるいはその他全国の主な金融機関から楽天ウォレット口座への入金を行います。
楽天銀行からの入金は24時間リアルタイムで土日も可能です(楽天銀行および当社のシステムメンテナンス時間を除きます)。

入金が完了したら、楽天ウォレットアプリより「BTC」を選択し、購入画面から購入金額(100円以上)を指定して注文をします。

上記のように、「楽天ウォレット」では初心者の方でも簡単な取引操作でビットコインを購入することができます。

■ポイント交換をする場合
同じく現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」にて簡単に楽天ポイントを暗号資産に交換することが可能です。

アプリトップの「ポイント交換」より、交換対象でこちらも「BTC」を選択後、交換ポイント数を入力します。

※ポイント交換においても現物取引の取り扱い通貨3銘柄全てが対象です。
※通常ポイントのみ利用可能で、最低100ポイントから交換が可能です。
※その他ポイント交換の詳細については以下をご確認ください。
https://www.rakuten-wallet.co.jp/point/index.html

楽天ウォレットのポイント交換サービスでは、楽天市場やその他サービスで貯めたポイントを使って初心者でも気軽に暗号資産投資を始めることができます。

5.まとめ

今回は暗号資産・ビットコインの特徴・仕組みについてご紹介させていただきました。

ビットコインを始めとする暗号資産は今後さらに注目度が高まることが予想されます。

楽天ウォレットなら初心者の方でも安心して取引を始めることができるので、是非この機会に暗号資産・ビットコイン取引デビューをしてみてください。