1. トップ
  2. 特集一覧
  3. 特集

暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ取引のメリットとデメリットとは?

暗号資産の取引方法について

暗号資産の取引に当たっては、いくつかの取引方法が存在します。
今回は、主な取引方法である現物取引とレバレッジ取引、またそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介させて頂きます。

現物取引について

現物取引とは、暗号資産における取引で、現在もっともシンプルな取引方法です。
現物取引では、暗号資産を市場での時価で計算した売買代金を受け渡す事で行われます。
大きな特徴としては、保有している資金の範囲内でのみ暗号資産の購入ができ、売却においても保有している暗号資産のみ売る事ができます。

レバレッジ取引について

レバレッジとは「てこの原理」を意味しており、保有資金を証拠金として口座に預け、そちらを担保に、預けている証拠金の何倍もの金額で取引ができる取引形態となります。

「原資100万円、1ビットコイン(BTC)の価格が100万円の場合を例に考えます。

現物取引では、最大で1BTC分の取引を行う事しかできません。

一方で、証拠金取引では、100万円を証拠金として預け入れる事で、100万円×レバレッジ倍率分の金額の取引を行う事ができます。
例えばレバレッジ2倍の場合、100万円×2(倍) = 200万円分、つまり最大2BTC分の取引を行う事ができます。」

また、レバレッジ取引の大きな特徴として、「売り」から入る事ができます。
現物取引では、実際に暗号資産を購入した後、初めて売る事ができますが、レバレッジ取引では「売り」から入る事ができます。
これは、レバレッジ取引は現物取引と違い、現物暗号資産の受け渡しが発生しないため、「先に売ってあとから買い戻す」ことで生じる差額のみを受け渡すことが可能となるからです。

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引では、証拠金を担保にする事で、証拠金以上の何倍もの取引額で取引する事ができます。
前述の例でも記載した通り、同じ金額でもレバレッジをかけて取引した場合、自身が持っている金額よりも大きい金額分の取引ができます。

これは同じ金額を使った場合、現物取引と比べてレバレッジ取引の方が、投資に資金効率が良い事を意味します。

例えば、現金100万円を原資に取引を行い、1ビットコイン(BTC)が100万円の時に購入し、そのあとビットコインが20%上昇したとします。

現物取引の場合は、100万円の原資で1BTC=100万円の際購入し、1BTC=120万円になった場合、利益は20万円(20%)となります。

一方でレバレッジ取引の場合(レバレッジ2倍の場合)、100万円の原資で1BTC=100万円のレートで2BTC分購入でき、1BTC=120万円のレートになった場合、100万円の原資に対して利益は40万円(40%)となり、同じ100万円の原資でも、現物取引よりも2倍パフォーマンスが良い事になります。

このように、自身が取ったポジションと想定通りに相場が動いた時、同じ原資でもレバレッジ取引の方が、現物取引よりも利益が大きくなります。

実際に、暗号資産で最も時価総額が高いビットコインと、2番目に高いイーサリアムを例として、現物取引とレバレッジ取引で効果がどう違うかを比較したいと思います。

下の図は今年の年初である2020年1月6日で購入してから、7月28日時点までポジションを持ち続けていた場合のパフォーマンスの比較ですが、現物に比べてレバレッジ取引の方が現物取引に比べてはるかにパフォーマンスが良い結果となっていました。

<図.1月6日から7月28日を比較。日足の終値で計測。*楽天ウォレットのレートを参考>

*上の図は直近半年間(3月に起きたコロナショックの間も含めて)で、1度もロスカットが発生しなかった場合の事例です。様々な条件下で同様の結果となる事を保証するものではありません。
また、建玉を保有している間は建玉管理料が発生するため(当社の場合は原則0.04%/日)、半年間の180日間であれば7.2%ほど実際には目減りする点には留意する必要があります。

レバレッジ取引のデメリット

一方で、レバレッジ取引においては、証拠金維持率に気を付けなければなりません。
証拠金維持率とは、「レバレッジ取引に必要な証拠金に対して、純資産がどれだけの割合を占めているのか」を表しています。

この証拠金維持率が一定水準を下回ると、多くの取引所では取引が自動的にストップします。

当社のレバレッジ取引の例であれば、アラートライン証拠金維持率が120%未満、ロスカット証拠金維持率が100未満と設定されており、ロスカット対応証拠金維持率が100%未満になると、証拠金が100%を回復するまで建玉を強制決済し、お客様の資産を保護いたします。

このような事から、レバレッジ取引を行う際は証拠金維持率に注意を払う必要があります。また、一般的にレバレッジ取引を行う場合、建玉を保有している間は建玉管理料という手数料が発生いたします。
上記の理由から、一般的にレバレッジ取引は長期保有よりも短期の値動きを狙う方向けの取引です。

現物取引に比べて資金効率が良いというメリットがある反面、こういったリスクやデメリットの存在を踏まえて、ご自身にあった取引方法を選択する事をおすすめします。

まとめ

暗号資産のレバレッジ取引のメリット・デメリットについて紹介させて頂きました。

リスクも比較的少なく、保有している資金をそのまま自由に使える現物取引と、ロスカットのリスクはあるが、証拠金維持率に気を付けながらリスク管理を行う事で、現物取引よりも高いパフォーマンスを見込める可能性があるレバレッジ取引についての理解を深めて頂き、投資資金や投資時間軸、リスク許容度などをご自身で考えながら、最適な取引方法を検討してみてはいかがでしょうか。
現在、楽天ウォレットでは(*2020年9月現在)レバレッジ取引の建玉管理料0円キャンペーンを実施中です。詳細はこちらからご確認ください。

レバレッジ取引において大きなネックとなる建玉管理料が0円となり、最大で年14.6%の建玉管理料が無料になるというお客様にとっては大きなメリットになるので、ぜひこれを機にレバレッジ取引を始めてチャンスを広げてみましょう!