1. トップ
  2. 特集一覧
  3. 特集

【楽天ウォレット】暗号資産(仮想通貨)のレバレッジ・証拠金取引とは?

暗号資産(仮想通貨)(以下、「暗号資産」と表記)の“現物取引”については知っている、あるいは既に取引しているものの、

  • ・ 「証拠金取引」や「レバレッジ取引」、「暗号資産FX」ってなんだろう?
  • ・ どう現物取引と違うのだろう?
  • ・ どんな魅力があるのだろう?
  • ・ 自分に合っている取引なの?

といった疑問や興味を持たれている方がいることをよく耳にします。そのような声に応えるべく、現物取引と比較したうえで楽天ウォレットの取引サービスを引合いに、証拠金取引の特性や魅力についてご紹介していきます。

※本記事は楽天ウォレットの提供サービスに焦点をあてて表現されており、他社事例では異なった比較結果やサービスが提供されている場合があります。

楽天ウォレットの証拠金取引の特徴(現物取引とのちがい)

暗号資産を買ったり売ったりすることは現物取引でも証拠金取引でも同じですが、それら売買の取引条件や環境が異なっています。以下、現行の現物取引サービスと比較した観点で、どのような取引条件や環境が証拠金取引と違うのかを見ていきましょう。

手元にある資金以上の取引が可能

現物取引はお手持ちの資金の範囲内で暗号資産の購入をしますが、証拠金取引においては、証拠金といわれる資金を担保に入れそのレバレッジ倍率をかけた金額の範囲まで、つまり手元にある資金以上の取引が可能になります。

楽天ウォレットでは、レバレッジ率2倍でサービスを提供しておりますので、仮に50万円の資金がある場合に現物取引では50万円相当の暗号資産を購入できるところ、証拠金取引では同じ資金で倍額の100万円までのお取引が可能となります。

さらに、証拠金取引は買い注文のみならず売り注文からも取引開始ができることから、100万円相当の買い、もしくは100万円相当の売りで取引をスタートさせられます。(売りからの取引開始のメリットは、下項をご参照ください)

売りから取引開始、市況下降局面でも勝機アリ

現物取引においては常に「買い」から取引が開始し、“安く買い高く売る”ことが利益確定の絶対的な法定式です。かたや証拠金取引においては「買い」のみならず「売り」からも取引を始めることができるため、市況下降局面においても、先に「売り」を成立させ市況下降後に「買い」を行うことで、同じく“安く買い高く売る”方程式を成り立たせることが可能となります。

これは、利益確定のためのチャンスが市況上昇及び下降の両局面で生まれることを意味します。

取引スプレッドが狭い

数年前のビットコインバブル以降、世間の暗号資産取引に対する認知度が上がり取引コストに敏感なユーザが増えてきているなか、それと呼応するように顧客取引における価格スプレッドや手数料を含めた相対的な取引費用の引き下げが、少しずつ業界を通して進んできています。より良い売買条件での取引が享受できることから、顧客目線では良好な環境になってきているといえます。

楽天ウォレットでは、より質の高いサービスや現物資産保全において万全なセキュリティ基盤を提供することを前提に現物取引環境を提供しております。かたや証拠金取引では現物資産の取扱いを伴わない差金決済取引であることから、現物資産保全に係る費用が省かれる分を取引価格に還元させることで、取引スプレッド(買値と売値の差額)を現物価格よりも狭くしております。

したがって、同一の市況動向下において、楽天ウォレットにおける証拠金取引は同現物取引と比べ、売却益の金額や益確定の頻度が高いことがいえます。

取扱銘柄数が現物取引より多い

下の図の通り、楽天ウォレットの証拠金取引の取扱対象銘柄は、現物取引よりも広い選択肢でお取引が可能です。現物取引の取扱対象ではない、リップル(XRP)やライトコイン(LTC)は、世界的にも確固たる取引量を誇る注目度の高いアルトコインとなっています。

24/365取引可能

これは現物取引および証拠金取引の両方に言えることですが、暗号資産取引の魅力の一つに取引時間の長さが挙げられます。

今日の株式・FX・投信・デリバティブといった多くの金融商品は土日祝日(市場によっては夜間も)において取引ができません。一方で暗号資産はほぼ24時間365日での取引が可能であり、取引意欲が旺盛な投資家や、週末の余暇を使って投資や資産形成を始めてみたい方などに好まれています。

シンプルな価格表示と多彩な注文方法

楽天ウォレットの価格表示は現物取引と証拠金取引ともにお客様が「買い」と「売り」の両価格を一目で視認できるような2Wayの価格表示を提供しています。

また、ユーザビリティや嗜好性を意識し、現物取引と証拠金取引では別々の専用アプリを提供しています。現物取引アプリは、初心者や幅広いユーザ層によりわかりやすいシンプルな画面構成や操作性に特化しており、このアプリ内で楽天ポイントから暗号資産への交換も可能になっています。

一方、暗号資産取引において市況変化に連動した取引や収益チャンスを最大限に生かしたい方のために、チャート表記や成行注文以外の複数注文種類にも対応し機能性を追求した証拠金取引専用アプリを展開しています。

楽天ウォレット証拠金取引におけるサービス概要

まとめ

以上のとおり、暗号資産の証拠金取引には現物取引にはない魅力が多々あります。当然、魅力的なものには同じく介在するリスクもあり、まずはそれら特性や仕組みをよく理解することが大切です。そのうえで、更なる収益チャンスを狙うために、自身の取引環境や手法を多様化させるのに証拠金取引は有効な方法といえるでしょう。