1. トップ
  2. 特集一覧
  3. 特集

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン投資の始め方【初心者でも簡単!】

暗号資産(仮想通貨)投資に興味を持ちつつも、中々最初の一歩を踏み出せない方は多いのではないでしょうか?
今回はそのような初心者の方に向けて、楽天ウォレットでのビッコイン取引を例に、暗号資産(仮想通貨)投資の始め方について解説をします。

1.そもそも暗号資産(仮想通貨)とは?

「暗号資産(仮想通貨)」とは、ブロックチェーン(※)という仕組みで管理される実体のない電子データ資産です。インターネット上での送金や決済に用いることができ、世界中の取引所で円、ドルなど法定通貨と交換、または暗号資産同士の売買が行われています。


暗号資産の特徴としては、大きく分けて以下3点あります。

1.個人間で直接送金することができる
一般的に日本円や外貨を送金する際には、銀行などの金融機関を介して送金する必要があります。 しかし、暗号資産取引においては個人間でのやりとりが可能です。 直接会ってお金を支払うのと同じように、暗号資産を使えば直接相手に支払うことができます。

2.手数料が無料、または安い
銀行送金やクレジットカード支払いでは一定の手数料が存在し、少額の送金や売買においては不向きと言えます。しかし、暗号資産取引においては仲介する組織が存在せず、個人間でのやりとりが可能であるため、無料または低コストで送金や取引が可能です。

3.世界共通で利用可能な通貨単位である
通常、日本円を海外で利用するには両替(例えば円から米ドル)が必要ですが、暗号資産は世界共通の単位です。現在、暗号資産での支払いが可能なお店が世界中で増えてきています。

上記のような特徴から市場の将来性が期待され、暗号資産は近年投資商品の一つとして大きな注目を集めています。

※「ブロックチェーン」とは複数の取引を1つのブロックにまとめて記録し、それを鎖のようにつなぐ技術です。すべての取引が公開されるので、不正取引を防止する仕組みとなっています。なお、取引の記録には改ざんできないよう高度な暗号化技術が用いられています。

2.暗号資産(仮想通貨)の取引・サービスの種類

暗号資産の取引の種類としては現物取引証拠金取引の2種類があります。また、暗号資産業者のサービスモデルとして、販売所モデル取引所モデルの2つの形態があります。以下それぞれの特徴について解説をします。

現物取引と証拠金取引

現物取引とは:
現物取引とは、暗号資産そのものを売買する取引を指します。口座にご入金されている保有資産の範囲で取引ができます。当社の現物取引の専用アプリ「楽天ウォレット」では、日本円での売買取引に加え、楽天ポイントを100ポイントから暗号資産に交換することも可能です。

証拠金(レバレッジ)取引とは:
レバレッジとは「テコ」という意味があり、少ない資産で大きな運用ができるサービスです。当社の証拠金取引専用アプリの「楽天ウォレットPro」ではレバレッジ倍率2倍までの取引を行うことができます(例:保有資産が30万円の場合、最大60万円分の取引が可能)。
また通常証拠金取引では現物の受渡を行うことがなく、売買によって生じる損益は現金決済されます。
「楽天ウォレットPro」では、現物取引に比べ買値と売値の差(スプレッド)が狭いため、収益チャンスが広がっています。

販売所モデルと取引所モデル

販売所モデルとは:
「販売所モデル」は暗号資産の販売所とお客様が直接取引をするモデルです。楽天ウォレットでは販売所モデルを採用しており、お客様は楽天ウォレットとの暗号資産の売買をします。
特徴としては、以下の2点があります。

1.素早く簡単に売買取引ができる
販売所では原則注文は瞬時に約定します。(市場の乱高下などにより注文成立に時間を要する場合もあります。)

2.取引所モデルに比べてスプレッド(買値と売値の差額)が広い
手数料の徴収は販売所毎に設定しており、手数料を徴収する/しないに関わらず提示される買値と売値のスプレッドが存在します。販売所モデルでは取引所に比べてこのスプレッド幅が広いです。

総じて、注文の容易さ・分かり易さから初心者におすすめの取引形態です。

取引所モデルとは:
「取引所モデル」とは、お客様同士が購入したい通貨の希望価格と数量をすり合わせる取引の場を提供するモデルです。
特徴しては以下の通りです。

1.すぐに取引できないことがある
取引に参加するお客様同士が注文を出し合い取引を成立させるので、注文が必ずしも約定する訳ではなく、希望したタイミングで瞬時に売買が成立しないことがあります。

2.販売所モデルに比べてスプレッド(買値と売値の差額)が狭い
取引所は価格設定をせず、お客様同士の希望する売買価格と数量がマッチした時に取引が成立するため、スプレッドが販売所に比べて狭くなります。(一方、建玉管理料などその他手数料がかかることがあります。)

3.売りからでも注文ができる
証拠金取引では売りから取引に入ることも可能であるため、下落相場でも積極的に収益を狙えます。

証券、FXなど金融市場の取引経験者のお客様には特におすすめの取引形態です。

3. 暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン投資の始め方

ここからは当社の現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」でのビットコイン購入&ポイント交換を例に、暗号資産投資の始め方をご説明します。
初心者でも簡単にできるので、以下の手順を参考に暗号資産投資に是非挑戦してみてください。

現物取引口座を開設しよう!

楽天ウォレットの現物取引口座は、以下の5ステップで申し込み後最短即日の開設が可能です。
楽天銀行に口座をお持ちの方なら新規申込時の本人確認手続きは不要、より簡単に新規開設ができます。

1.楽天会員の登録
2.楽天会員でログイン
3.各種交付書面の承諾
4.お客様情報の登録
5.(楽天銀行口座をお持ちの方)楽天銀行の口座振替登録 or (楽天銀行口座をお持ちでない方)らくらく本人確認で行う

詳細はこちらをご確認ください。

また、口座開設は以下からお進みください。



専用アプリをダウンロードしよう!

取引を開始するには専用アプリ「楽天ウォレット」が必要なので、以下URLよりダウンロードをしてください。


楽天ウォレットのスマホアプリはシンプルで分かりやすい画面で、初めての方でも入出金や売買の操作が簡単に行えます。

また、アプリを不正に操作されないよう、ID・パスワードの入力の他に、自動生成される確認コードを入力する2段階認証を導入しセキュリティ対策を講じています。
2段階認証は、ログイン時、日本円出金時、暗号資産出庫時に必須です。

詳細はこちらをご確認ください。

ビットコイン投資を始めてみよう!

楽天ウォレット現物取引口座の開設&アプリのダウンロードが完了したら、早速暗号資産投資を始めてみましょう。
楽天ウォレットの現物取引では暗号資産の購入取引実績の多い3銘柄(ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ)を提供しています。
ここではビットコインを取引する際の手順を以下まとめます。
ビットコインを手に入れる方法としては、日本円で購入する方法と、楽天ポイントと交換をして手に入れる方法があります。

ビットコインを日本円で購入する場合:
日本円でビットコインを購入する場合、まず始めに楽天銀行から楽天ウォレット口座への入金を行います。
楽天銀行からの入金は24時間リアルタイムで土日も可能です(楽天銀行および当社のシステムメンテナンス時間を除きます)。

入金が完了したら、楽天ウォレットアプリより「BTC」を選択し、購入画面から購入金額(100円〜)を指定して注文をします。

前述のように「楽天ウォレット」は販売所モデルであるため、初心者の方でも簡単な取引操作でビットコインを購入することができます。

ポイント交換をする場合:
同じく現物取引専用アプリ「楽天ウォレット」より簡単に楽天ポイントを暗号資産に交換する事ができます。

アプリトップの「ポイント交換」より、交換対象でこちらも「BTC」を選択後、交換ポイント数を入力します。

※ポイント交換においても現物取引の取り扱い通貨3銘柄全てが対象です。
※通常ポイントのみ利用可能で、最低100ポイントから交換が可能です。
※その他ポイント交換の詳細についてはこちら。

楽天ウォレットのポイント交換サービスでは、楽天市場やその他サービスで貯めたポイントを使って初心者でも気軽に暗号資産投資を始めることができます。

4.まとめ

以上、今回は暗号通貨(仮想通貨)投資の始め方を楽天ウォレットでのビットコイン取引を例に解説させていただきました。

楽天ウォレットなら楽天ポイントとの暗号資産の交換もでき、初心者の方には特におすすめできるサービスです。

現在500円相当の暗号資産現物取引で楽天ポイントがもらえるお得なキャンペーンも実施しています。

是非この機会に、暗号資産・ビットコイン取引デビューをしてみてください。